肌常在菌の具体的な顔に対する効果とは?

 

お肌に棲む常在菌というのは、お肌にとって色々な効果をもたらしてくれると言われています。

 

元々顔の皮膚の常在菌は10億以上もあると言われており、これらが顔の肌を健やかにする上で一躍買っているのは有名。基本的には皮膚常在菌は効果として汗や皮脂を分解してグリセリンを作り、顔のバリア機能を作ってくれると言われています。

 

これは天然の保湿成分とも言われ子供の頃はこれらの肌のターンオーバーや環境が良くて作りだしやすかったのもアリお肌の環境を良くしてくれていることが自然な状態であったとされています。なので、お肌の常在菌を育てることや整えることはお肌を自然に強くするような意味もあるということになります。

 

 

肌の常在菌を健やかにするとどんな効果が期待される?

 

お肌に棲む菌(美肌菌と呼ばれることが多い)の状態を良くしていくと、色々な効果があるとされています。

 

例で言うと

『シミやシワが少ないお肌の形成』
『お肌が傷つきにくくなる』
『保水力が高まり潤いを維持』
『肌のキメが良くなり見た目が鮮麗』
『汚れない透き通ったお肌』

など色々なメリットがあります。

 

元々人間は小さい子供の頃や赤ん坊の頃はお肌が極めて綺麗に維持されていたと思います。それはお肌の環境が整っていたことから肌回復や成分が行き渡りやすく結果的に正しいスパライルで肌に良い循環をもたらしてくれることになり、スキンケアが必要のない肌環境であったことが要因ですね。なので、肌環境を整えるということは非常に大事な工程であると言えます。

 

 

通常の化粧品では加齢とともに肌成分を浸透させる限界がある

 

通常の化粧品だと肌に弾力や保湿の成分を浸透させることに特化したものが99%だと思います。

 

しかし、肌細胞に浸透させることができる化粧品で世の中にほとんど存在しないと思います。良くて角質層までは保証されていると思いますが、さらにそこから奥の真皮層など肌の弾力部分を形成している部分までは浸透ができる技術のものってあるのかな?と思います。

 

基本的には直接ヒアルロン酸注射とかを打った方が良いのでは?と思います。

 

 

それほど浸透は難しい。しかも30歳を超えてくると男性でも女性でも肌劣化は目立ちます。明らかにその年齢付近から老化が始まってきており、これは肌環境の変化だと言えますね。なので、一般の化粧品で肌の奥へ成分を送り込む方法よりも肌の表面の菌を上手く子供の頃のような環境に近づけてやるほうが肌を綺麗にさせることがカンタンだと感じます。そういった面を考えるとヒューマンフローラの皮膚常在菌整菌スキンケアは素晴らしいと思います。

 

本サイトでもヒューマンフローラを実際使って思ったことはレビューしています。

 

いずれにしても肌は年齢とともに変化していきますが、

「鏡を見る度に気持ち的に『あぁ…老けたよなぁ…』と思う自分がいるという人は多い」
と思います。スキンケアを色々と工夫して自分に合わせて変えていくことは大切ですね。

 

>>ヒューマンフローラの楽天販売情報