ヒューマンフローラの非常識な特徴

 

ヒューマンフローラを塗って肌のスキンケアをしていきたい人にちょっと知っておいてもらったことが良い非常識な特徴や使い方があります。

 

この記事ではそれらについて記載してみました。
本来化粧品というのは、以下のようなことが使う際の注意点として挙げられると言えます。

 

  • 1日に何回も塗ってはいけない
  • 綺麗に塗って綺麗に洗い流さなければいけない
  • 乾燥肌や敏感肌の人はご使用を注意!!
  • 炎症している肌荒れしている部分にはなるべくご使用をご遠慮ください。

 

などのように、化粧品を使う際には上記のような常識があると思います。

 

しかし、ヒューマンフローラはこのような部分の常識が従来の化粧品と比べると全然違います。
なので、以下のように『ある意味逆にヒューマンフローラの使い方の注意点』として覚えておいてください。

 

コンシダーマルの非常識な部分

 

以下の点をコンシダーマルの使い方で気をつけてみてください。

 

  1. 1日に何回も塗ってはいけない⇒1日に何回も使用した方が肌の菌が整い良いのである程度多めに使用した方が良いです。
  2. 綺麗に塗って綺麗に洗い流さなければいけない⇒ボディソープのヒューマンフローラであれば軽くかけ湯をかけるように洗い残しがあるくらいにしておいてください。皮膜を作っている状態なので後々しっとり感になり肌の状態が良くなっていきます。
  3. 乾燥肌や敏感肌の人はご使用を注意!!⇒乾燥肌タイプ、敏感肌タイプ、アトピー肌タイプの人は是非コンシダーマルを使用してお肌の常在菌を整えて肌を丈夫にしてください。
  4. 炎症している肌荒れしている部分にはなるべくご使用をご遠慮ください。⇒肌荒れや炎症している部分はコンシダーマルをより多めに使用して肌トラブルを解決してください。  

 

 

…このように『えっ?なぜ?』と思うように化粧品としての常識がコンシダーマルは違っています。
これがコンシダーマルの常識であって、化粧品の非常識であります。

 

 

肌トラブルを解決するには美肌菌が重要

 

そもそも肌トラブルの原因の多くは25歳を過ぎた辺りから目に見えて顔に出てきますね。

 

その理由の大きな要因は
”ターンオーバーサイクルの低下”
”肌そのものの自衛力の低下”
によるものと言えます。

 

 

これは自然の摂理ですので、仕方がないとも言えます。

 

 

ただ、これがある程度解決できれば『スキンケア自体が限りなく不必要になってくる』とも言えます。

 

そして、その重要な要因の一つに「お肌に棲む常在菌の存在」が言えると思います。
肌トラブルの多くで一番直接的に影響があるのは『表皮』である肉眼で見ることができる肌表面の防衛力です。

 

 

そのため、化粧品では『セラミド』成分が非常に重要と言われていますね。ですが、肌菌をキッチリすればこのセラミドはもちろん様々な肌トラブルの要因を自身の肌が守ってくれることになります。言うなれば『天然の保湿因子を自分で作り上げる』イメージです。

 

従来の化粧品とはヒューマンフローラは逆の発想ですが、本質的にはお肌を改善するには非常に重要な化粧品だと言えます。