ヒューマンフローラのNHK報道

 

ヒューマンフローラの整菌スキンケアシリーズはブームのきっかけはNHK「あさいち」で注目されたことがきっかけとされています。
図で示されているように当時はデザインが金色の目立つ文字で書かれており、それが今は全商品リニューアルされて今のシンプルな色に変わっています。

 

 

パッケージの変化がされてより統一感が現れるようになりました。

 

 

そして、ヒューマンフローラシリーズの特徴である美肌菌の認知が徐々にされるようになり、今伸び盛りな化粧品ということで注目されてきています。

 

 

ただ、NHKでは美肌菌について今でも度々報道がされており、美の追求をしていった結果今現代やはりお肌の美肌菌はかなり認知されてくるようになりました。

 

NHKの美肌菌情報

 

 

NHKでは美肌菌情報として、度々特集をしています。
美肌菌を育てる方法として、カラダのメカニズムについて詳しく細胞から説明してくれているためわかりやすいです。

 

ちなみにその情報番組の中でも

 

メイク落とし …洗顔前に、メイクや汚れをしっかり落とす

 

夜の洗顔 …よく泡立ててやさしく、こすらずに

 

せっけんをよく泡立て、泡のクッションで汚れを浮かすようになじませていきます。これは角質層を必要以上に壊さないための洗顔方法。

 

 

洗顔をすると、表面の美肌菌は流されてしまいます。しかし、やさしく洗えば美肌菌の棲みかである角質層の中に美肌菌は残ります。

 

 

ゴシゴシ洗いはご法度!
角質層は1mmの100分の2という薄さしかないため、簡単に壊れてしまいます。

 

入浴 …温度はぬるめ、時間は15分以内に
これも、角質層がふやけて壊れてしまうのを防ぐためです。

 

スキンケア …防腐剤やアルコールが入っていないものを使う
スキンケア用品に、防腐剤やアルコールが入っていると美肌菌の数を減らしてしまうので、入っていないものを選びましょう!

 

運動 …寝る前に軽い運動で汗をかく
肌の表面にうっすらかいた汗や皮脂は、美肌菌のエサになりなす。適度な水分は、美肌菌が増えやすい環境を作ります。
睡眠中は、美肌菌たちの大切な時間。
角質層の中に残っている美肌菌たちは、エサを食べ、朝まで8〜12時間かけて増えていくのです。

 

 

 

朝の洗顔…朝の洗顔は水かぬるま湯のみで
水洗顔なら、寝ている間に増えた美肌菌のほとんどが残ったままです。

 

引用元:https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/102/269037.html

 

上記のようにNHKでは美肌菌について非常にわかりやすく説明をしてくれています。
あまりこのような美についての特番は意外に見かけないので、勉強になります。

 

 

美肌菌は家での工夫でもUPさせることは可能

 

美肌菌はお家でのスキンケアの工夫で、UPさせることも可能だといえます。
そして、大事なことは「美肌菌を増やす意識より減らさない意識」だと私は思います。

 

 

洗顔一つで気をつければ美肌菌を減らさずに済みます。
運動一つで頑張れば美肌菌を活発にさせることも可能です。

 

なので、意識するだけでも大事ですよね。

 

加齢による美肌菌の減少は自然の摂理です。
なので、間違った生活習慣を見直すだけでも良いと思います。

 

 

 

ヒューマンフローラは整菌スキンケアとしてお肌に塗るだけで、菌を増やす効果があるとされているスキンケアですがそれだけに頼らず多方面からの工夫も大事だと思います。

 

 

▽ヒューマンフローラの記事▽

>>どうゆうこと??ヒューマンフローラの好転反応について

>>ホントに?ヒューマンフローラの安全性について

>>【知りたい!】ヒューマンフローラの悪化は事実なのか?